野球ルール1

知的好奇心を刺激するグランフロント大阪「ナレッジキャピタル」完全ガイド http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130430-00000305-dime-soci

 JR大阪駅北口のグランフロント大阪に、注目の新スポット「ナレッジキャピタル」が4月26日からオープンした。「知的エンターテインメント大空間」とのキャッチコピーがつけられたこの施設は、JR大阪駅北口の再開発によって誕生したビル群、「グランフロント大阪」の中核をなすもの。企業のショールームなどが多数出店する「フューチャーライフショールーム」をはじめ、起業家や研究者、クリエイターなどに向けたコワーキングスペース「コラボオフィス」、会員制の「ナレッジサロン」ほか、コンベンションセンターやシアター、イベントスペース、カフェ、インテリアショップなどを備えた複合施設となっている。大阪の新しい情報発信基地となりそうな、新スポットの見どころを紹介しよう。

■新しいビジネスの拠点に

 JR大阪駅北口から直結の「グランフロント大阪」。この中にある「ナレッジキャピタル」は北館に位置し、コンベンションセンターや多目的シアター、カンファレンスルームなど、ビジネスに役立つ施設を多数備えている。

 8Fはコワーキングスペースとなっていて、個室タイプの「コラボオフィス」のほか、フリーアドレス制の「コラボオフィスnx」が利用できる。この「コラボオフィスnx」には固定席も用意。会社登記も可能で、大阪の中心地にオフィスを構えることができる。また、地下には3000名級のコンベンションセンターも開設。ターミナル駅から直結でこれだけ大規模なコンベンションセンターは、全国でも類を見ないという。

■米朝アンドロイドに驚く「The Lab.」

「ナレッジキャピタル」は、コワーキングスペースやコンベンションセンターのようなビジネス施設と、店舗&ショールームがミックスされた、これまでにないタイプの複合施設。ビジネス以外の目的でここを訪れるゲストから見れば、「様々な最新技術やサービスを体験できる場所」ということになるだろう。中でもまず足を運びたい体験スポットが、3つのラボからなる「The Lab.みんなで世界一研究所」だ。

様々な企業や研究機関が出展する「アクティブラボ」には、各種ロボットからセンサー技術、メディアアートまで最新技術が並び、まるで見本市会場のよう。いずれも見るだけでなく、実際に手で触れたり、体験したりすることができる。中でも行列必至なのが、人間国宝、桂米朝師匠を模したアンドロイドロボット。大阪大学の石黒浩教授らが開発したもので、本物さながらの細やかな表情の動きは、一見の価値ありだ。

 2~3Fのアクティブラボは、無料で見学&体験できるスペース。15の企業、研究機関、大学などが参画し、開発段階の技術やサービスを展示している。また昨年夏に、桂米朝師匠の米寿を祝って開催されたイベント「米朝展」で初披露された、米朝アンドロイドを間近に見ることができる。また、京都の自動車メーカートミーカイラが手がけた、伝説のスポーツカー「トミーカイラZZ」も、京大発のベンチャー企業の手で電気自動車となって復活。その他にも、ロボットを手がけるヴイストン社のブースでは、デアゴスティーニの「週刊ロビ」で話題のロボット「Robi」ほか、様々なロボットを一堂に展示&公開。

 ちなみに、B1Fの「イベントラボ」では、オープン記念イベントとして、5月26日~9月1日まで「THE 世界一展」を開催中。日本が誇る「世界一」の技術を集めたイベントで、175超のナンバーワン&オンリーワンを一挙に見ることができる。会場内のステージでは日替わりで、世界一の技の実演やワークショップなども開催されているので、ぜひ足を運んで日本の底力を再認識ししよう。5月17日からはさらに、謎解きしながら展示を回るイベントもスタートする。

3つのラボの最後の1つは、1Fにある「カフェラボ」。オープンなカフェスペースだが、テーブルには電源も用意されていて、スマホなどの充電にも便利なスポットとなっている。さらに各テーブルには『iPad mini』が設置されていて、電子書籍サービス「honto」を体験できるしくみ。店内には実際の本も並べられていて、コーヒーブレイクしながら、読書が楽しめるようになっている。99席のキャパシティを持つ「カフェラボ」では、ワークショップやトークショーなどのイベントも開催される予定だ。ブックライブラリでは書棚の本を自由に読めるほか、36台のタブレットを設置。約100冊のラインナップから好きな電子書籍を読むことができるのがうれしい。

■無料で遊べる、ためになる。ショールーム

「ナレッジキャピタル」1階から6階までの「フューチャーライフショールーム」と呼ばれるゾーンには、多くのメーカーが直営店や旗艦店を出店。いずれも販売のみを目的にしておらず、情報を発信するショールームの役割を備えているのが特徴だ。

たとえば2Fにある「SUNTORY WHISKY HOUSE」では、サントリーのウイスキーづくりの歴史から、稀少な歴代の限定ボトル、ウイスキーの樽材を再利用した家具まで、様々な側面からウイスキーを楽しめる展示が盛りだくさん。家具や雑貨を購入できるのはもちろん、併設のダイニングで実際にウイスキーを料理と一緒に味わうこともできる。しかも、ウイスキーの歴史やウイスキーにまわるストーリーの紹介をはじめ、五感を使ってウイスキーを楽しめる施設。入り口にはウイスキー樽が並ぶ。

 入ってすぐのショールームでは、樽材(オーク材)を使用した家具や雑貨を展示。実際に購入することもできる。ダイニングバーへの通路は、日本のウイスキーの歴史や技術展示が並ぶギャラリースペース。稀少ボトルのコレクションもあり必見だ。そして、ウイスキーを堪能できるダイニング&バーも併設。様々な料理とのマリアージュを楽しむことができる。

 また3Fに出店した、アシックスの国内最大の旗艦店「アシックスストア大阪」は、ウェアやシューズから野球用品まで、同社の最新製品が揃うだけでなく、ランニング能力を科学的に計測する有料サービス「ランニングラボ」も併設。今後は、参加型のランニングイベントも、随時実施される予定だという。このお店は、東京・銀座と原宿、神戸に続く4店舗目の「アシックスストア」で、ランニングをメインに、野球用品など幅広いスポーツ用品を取り扱う。店内中央に設置された「ランニングラボ」では、ランニングの能力を科学的に分析し、自分にあったトレーニングづくりの参考にできる。インターネットから予約が可能で料金は5000~21000円。

このほかにも、店内で野菜を育てるサブウェイの食物ラボや、電子マネーにフル対応した最新自販機を展示するコカコーラのショールーム、さまざまな暮らし方をともに考えるセキスイハウスの「SUMUFUMULAB(住ムフムラボ)」 、カフェを併設する「Mercedes-Benz Connection」など、見どころ満載。単に買い物をしたりお茶するだけでなく、体験したり、学んだりと、自ら積極的に参加できるスポットがこれだけ集まっている場所は、全国でも珍しいだろう。

 さらに、野菜に興味や関心を持ってもらえるように、植物を育てる小さな工場を併設した「サブウェイ野菜ラボ」ではレタスやトマトが育つ様子を観察することができる。また、ドイツに本社を持つピーロートのワインバーでは、自社ブランドだけでなく幅広いワインのテイスティングができる。ワインセミナーなども開催予定だ。

 その他にも、iPhoneケースやアクセサリー、周辺機器を販売する「AppBank Store」も出店。店頭ではインターネットでおなじみのレビュー動画も放映されている。世界の遊び道具が揃うショップの奥に、親子で楽しめる広い室内遊び場「KID-O-KID(キドキド)」を併設。子育てに関するワークショップやセミナーも展開予定。

 コカ・コーラのショールームでは、新商品やキャンペーンと連動した情報を発信。現在展開中の「Share a Coke & a Song」の全年代のボトルが一覧できるほか、電子マネーフル対応の最新自販機も体験できる。スイーツを学ぶスクールと、その作品発表の場としてのギャラリー&ショップ、イベント等を行うスタジオを、スイーツ学専攻を擁する大手前大学がプロデュース。新スイーツの情報発信基地を目指す。

 積水ハウスの「SUMUFUMU LAB」のテーマは「生きるコトを、住むコトに。」。いかに生きるか、いかに人生を楽しむかという視点から、快適な住まいのあり方をみんなで考える、オープンイノベーション拠点となっている。そして、好日山荘グランフロント大阪店は、約2万点の登山ギアやウエアをラインナップするほか、イベントの開催などを通じて、山に関する情報を発信。クライミングジム「グラビティリサーチ梅田」も併設する。

■3キャリア三つ巴の戦いが、早くも話題に

「フューチャーライフショールーム」には、ドコモが大規模旗艦店を出店するほか、au、ソフトバンクも、関西では初となる直営店を出店。3キャリアが同じ施設内で火花を散らすという点でも、話題のスポットとなっている。オープンに先駆けて開催された内覧会では、3社がそれぞれに、新店舗にかける意気込みを語った。

◎ドコモは精鋭スタッフで「最高級のおもてなし」

300平方メートル超と、関西最大級の売り場面積を誇る「ドコモショップ グランフロント大阪店」の目玉は、選び抜かれたハイスキルなスタッフ。ドコモショップのスタッフ資格認定制度で、最上位の資格を持つ精鋭スタッフ約40名が、関西各地から新店舗に集結した。オープニングイベントに登場した常務執行役員 関西支社長の徳広清志氏も「ここはドコモのシンボルショップ。お店も最高、スタッフも最高で、最高のおもてなしを提供していただきたい」と、スタッフにエールを送り、「我々も今後この店舗とともに、攻めるドコモ、戦うドコモとして頑張っていきたい」と語った。

店頭には、約60インチの超巨大スマホも設置されるなど、ショールームとしての見せる工夫も。約60インチの大画面タッチディスプレイで、スマートフォンならではの「フリック」や「タッチ」「音声認識」といった操作を体験することができる。スマートフォンのタッチ操作を大画面で体験できるほか、マイクロソフト「Kinect」の技術を使い、「しゃべってコンシェル」などのドコモサービスを、大画面モニターで擬似体験できるコーナーも用意されている。またこのほかドコモでは、ナレッジキャピタル内の他店舗ともコラボレーション。専用アプリを入れたスマートフォンを設置されたパネルにかざすと、ARコンテンツを楽しめるという仕掛けも展開する。

 多くのカウンターを用意し、スタッフ約40名体制で接客対応。全員がドコモショップスタッフ資格認定制度の最上位資格、「グランマイスター」か「テクノグランマイスター」を所有している。リビングルームを模したスペースで、実際の利用シーンをイメージしながらタブレットなどを体験できる。ポスターや価格表などの紙を貼らず、ディスプレイやタブレットで対応する。

◎最新スマホにいち早く触れられる関西初のau直営店

  KDDIは東京の「KDDIデザイニングスタジオ」、名古屋の「au NAGOYA」に続いて、3店舗目となる直営店「au OSAKA」を関西初出店。他の2店舗同様、発売前のスマートフォンや新しいラインナップをいち早く手にとって体験できるほか、「auスマートパス」など、各種サービスの体験コーナーも用意されている。また壁面には、au公式アクセサリー「au +1 collection」のコーナーを全国最大規模の品揃えで展開。スマートフォンカバーやアクセサリー、周辺機器が豊富に揃うのも、直営店ならではの魅力と言えるだろう。

このほか店舗内には大型モニターやセミナールームも備え、ケータイ教室などのセミナーやイベントも積極的に開催していく予定。現在はオープニングイベントとして、その場で写真を撮ってネットCMに参加できる「au OSAKA Net CM Project」が開催中だ。

コンシューマ関西支社長 理事の高橋正明氏は「関西における、ブランド力、訴求力アップのための、情報発信拠点にしていきたい。ケータイ教室などを通じて『au OSAKAにくれば、何か面白い出会いがある』と思ってもらえる場になればうれしい」と、新店舗にかける思いを語った。

 さらに「このグランフロント大阪を起点に、関西のマーケットにおいて、さらにアグレッシブに活動していきたい」と、高橋氏。「移動と固定の両方を手がけるKDDIならではの強味を生かし、お客様とのダイレクトコミュニケーションを積極的に展開していきたい」と、意気込みを見せていた。また、コンシューマ関西支社長理事の高橋正明氏は、新名所「グランフロント大阪」を盛り上げていくことで「関西のマーケット全体を盛り上げる一助になればうれしい」と語った。

 オープン記念イベントとして、撮った写真をその場で、スマホからタブレットへ送信。落書きなどを加えて、au OSAKAのネットCMに参加できるイベントを開催中。新製品にいち早く触れられる展示や、サービスを体験できる展示を豊富に用意するほか、ゆったりとくつろげる広さも確保。カウンターの数も多い。

◎ソフトバンクはオリジナルロゴ入りグッズを配布

ソフトバンクの関西初旗艦店となる「ソフトバンク グランフロント大阪」は、従来のカウンター型ではなく、テーブルを使ったサロンのような接客スタイルが話題。「SoftBank SELECTION」をはじめ、スマホアクセサリーが豊富に揃うほか、壁面には大型のデジタルサイネージ(デジタルポスター)を設置。カタログも51台の『iPad』を導入してデジタル化するなど、紙の省資源化を目指した取り組みも行っている。

オープニングイベントには、白戸家のお兄ちゃんことダンテ・カーヴァーさんと、お父さん、関西を代表してジャルジャルが登場。店舗の紹介とともに、オープニングキャンペーンの実施も発表された。同店ではお父さんが赤いハンチング帽を被った、オリジナルロゴを使用。ゴールデンウイーク中は先着で、このオリジナルロゴの入ったトートバッグや、お父さんグッズがもらえる、オープン記念キャンペーンが実施されている。同店では今後も「ナレッジキャピタル」内の他店舗とコラボレーションするなどして、様々なイベントを仕掛けていく考えだ。

 ゴールデン期間中は毎日先着300名に、ジャルジャルが手にしている限定トートバッグがプレゼントされる。また店内に隠された5種類のシールをスマートフォンに集めて応募すると、お父さんグッズがもらえるキャンペーンも実施。カウンターではなくテーブルを使ったサロンスタイルの接客を導入。紙のポスターや価格表をデジタル化し。紙資源の節約を実現している。ケースや周辺機器に加え、「スマホ+ヘルスケア」製品として話題の『fitbit』も展示・販売。赤いハンチング帽を被ったお父さんがプリントされた、オリジナルケースも限定販売。また、店舗の一角に大きく『iPhone』コーナーを設置。『iPhome 5』や『iPad』、『iPad mini』に触れることができる。

■出張族も注目の大阪駅直結ワークスペース

まだまだ見どころ満載の「ナレッジキャピタル」だが、最後に出張族にイチ押しの注目施設「ナレッジサロン」を紹介したい。

「ナレッジサロン」は、さまざまな知がこの場で出会い、コラボレーションして新たな価値を生み出すことを目指す、「ナレッジキャピタル」のまさに中心的なスペース。異業種交流サロンといった場所で、仲介役となる専門のスタッフ「コミュニケーター」も配置されている。コワーキングスペース「コラボオフィス」の入居者のほか、個人や企業も会員になれば、利用することが可能。カフェラウンジやライブラリーのほか、電源を備えたワークテーブル、パーテーションで仕切られたデスクなどもあり、PCを持ち込んでちょっとした作業をこなすこともできる。大阪野球ルールはというと、「9人ずつ2つのチームになって、おのおのが攻撃と守備を交代で行い、攻撃中に得た得点の合計点が多い方が勝ち」というもの。

両方のチームが点数が同点の時は、延長戦を行う場合もあり、引き分けになったりする時もある。

また野球ルール上では、攻撃と守備の一巡を「イニング」と呼ぶ。

プロ野球なんかでは、基本的には1ゲームは9イニングでおこなわれる。

野球ルールに乗っ取ってプレイをする野球の目的は「勝つこと」。

これらのことは野球ルールの特徴となっていると言える。

野球ルールでは、守備の細かな名称も決められている。

おのおの「投手(ピッチャー)」「捕手(キャッチャー)」「一塁手(ファースト)」「二塁手(セカンド)」「遊撃手(ショート)」「三塁手(サード)」「左翼手(レフト)」「中堅手(センター)」「右翼手(ライト)」である。

野球ルール上では、プロ野球などでは本拠地(ホーム)のチームが後攻でおこなうと決められている。

多論では後攻が有利だと思われている。

野球の守備力を向上させる

駅に直結という抜群のアクセスの良さに加えて、営業時間が朝9時から23時までと長いのもメリット。出張族の大阪での拠点としても、人気を集めそうだ。

 ちなみに「ナレッジサロン」の会費は個人正会員の場合で、年額10万5000円または月額9450円、チケット制の準会員(個人のみ)は1万500円で5回まで利用できる。ミーティングスペースやカフェスペース、パーテーションで区切られた個室スペースなど、様々なタイプの席が利用できる。電源が用意されたワークテーブルでは、ちょっとしたパソコン作業が可能。出張時の拠点として活用できそうだ。数は少ないものの、集中できる個室スペースもある。なお、入会には審査が必要。申し込み条件などの詳細は、公式サイトでチェックできる。

 このほか4Fの「ナレッジシアター」では、5月2日から12日まで、こけら落とし公演として、大阪大学ロボット演劇プロジェクトと吉本興業による舞台「銀河鉄道の夜」を公演予定。また5月19日には、米朝アンドロイドを交えた米朝一門会も開催される。ほかでは絶対に見られないユニークなイベントだけに、プラチナチケットとなることは必至。その後もまざまなイベントが企画されているので、公式サイトなどでまめに情報をチェックしたい。

「ナレッジキャピタル」の中央には、6Fまで吹き抜けになった「ナレッジプラザ」があり、ここでも様々なイベントが開催される予定だ。舞台公演から各種プレゼンテーションまで、幅広く対応できる381席の「ナレッジシアター」をオープン。ロボットによる演劇や落語など、一風変わった催しが予定されている。

(文/太田百合子)

送料無料!¥880!限定数!即納! 三つ網みゲルマニウムブレスレット  野球用品/ゴルフ用品/

★ ★      ★      ★      ★      ★ ★     ◆三編みゲルマブレスレット/新品未使用■サイズ/長さ:約21~22cm/幅:約1.3cm/重さ:約12g【編込みですので誤差はご了承ください】【…

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。