野球ゲームとドラフト(会議)

ドラフト(会議)とは、プロスポーツリーグにあって、新人選手をそれぞれのチームに振り分ける会議のことをいっている。ドラフトは、1936年にアメリカンフットボールプロリーグ(NFL)で初めて取り入れられてから以後、競技や国などかまわずに拡大し、1965年には日本にも取り入れられた。そもそもドラフトとは、素質の有る選手を得るために互いのチームが高額な契約金で競り合っていた結果、いくら何でも契約金が高額になり過ぎたという状況を、NFLが抑止するために作成された制度である。ドラフトにおいては、リーグによって振り分け方が異なるが、一般的に行われているのは、成績が最下位のチームより順番に獲得したい選手を一人ずつ指名していき、契約交渉をとり行うというものである。日本で行われているドラフトといえば、プロ野球界のものが有名である。

野球の守備力を向上させる

“ひかりTVゲーム”向けタイトル『プロ野球スピリッツLIVING MANAGER』が配信開始 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000035-famitsu-game

●テレビリモコンを使って名監督を目指せ!
 KONAMIは、プロ野球シミュレーションゲーム『プロ野球スピリッツ LIVING MANAGER』を、国内初のテレビ向けクラウドゲームサービス“ひかりTVゲーム”向けに本日より配信開始した。
 “ひかりTVゲーム”は、映像配信サービス“ひかりTV(ティービー)”(※1)で、2013年6月3日から開始した新サービス。ゲームソフトパッケージの購入・ダウンロードやインストールを必要とせず、気軽にゲームを楽しむことができる。
 今回配信された『プロ野球スピリッツLIVING MANAGER』は、テレビリモコン(※2)で画面に出るボタンを選択するだけで操作でき、ゲームの初心者でも手軽に楽しめる野球ゲームとなっている。プレイヤーは監督となって選手のオーダーを決め、投手交代や代打などの選手起用、バントや盗塁、守備位置変更などの采配を振るいながら全国のライバルとランキングを競うといった遊びかたが可能。選手の表情や動きもリアルに再現されており、まるで野球中継のようなグラフィックでプレイすることができるのだ。詳しくは公式サイトを確認してみよう。

※1:株式会社NTTぷららが提供する映像配信サービス。ネット回線を通じてご自宅のテレビやスマートフォン・タブレット端末などさまざまな機器で、人気の映画やドラマ、アニメなどのコンテンツのほか、さまざまなサービスを楽しむことができ245万人(2013年3月末時点)を超える方々が利用しています。
※2:USBコントローラにも対応

【製品概要】
タイトル名:プロ野球スピリッツ LIVING MANAGER
メーカー名:KONAMI
配信先:NTTぷらら ひかりTVゲーム
配信日:配信中(2013年7月1日より)
プレイ人数:ひとり

(C)Konami Digital Entertainment
日本野球機構承認 NPB BIS プロ野球公式記録使用 プロ野球フランチャイズ球場公認
ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2012年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。

【自由研究・木製の工作キット】 「あす楽」木製工作キット 野球ゲーム

( 工作 夏休み 小学生 キット )野球ゲーム懐かしの、野球盤を作れる木製工作キットです。甲子園にプロ野球にメジャーリーグ、夢いっぱい遊べるボードゲームです!【セット内容】  木製材料一式・木工ボンド…

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。