野球の歴史

日本に於いての野球の歴史は、1872年(明治5年)に始まるようです。

アメリカで近代野球が成立したのは1901年といいますから、それより前のことです。

東京大学の前身の開成学園のアメリカ人教師であるホレース・ウィルソンが、学生に打球を捕らせた記録があって、これこそ日本での野球の歴史の始まりということのようです。

ベースボールの試合をやったのは1873年明治6年。

ベースボールには集中力が大事

その頃はいまだに、裸足に着物というスタイルでやっていたようです。それまで「ベースボール」と呼ばれていた競技を「野球」と和訳したのは、俳人・正岡子規と思っている人も多いのですがそうではなく、第一高等中学校(第一高等学校・のちの東京大学教養学部)で選手としてやっていた中馬庚(ちゅうまん ・かなえ)1894年(明治27年)。

中馬庚が1897年(明治30年)に出版した『野球』とう文献は、野球界では歴史的文献となっているようです。

ちなみに、正岡子規の雅号のうちのひとつは「野球(のぼーる)」。

しゃれてます。

今ある東京大学から発せられた野球の歴史。

現在もっとも日本全国で見慣れている国民的スポーツとなりました。

 

高校野球:春季関東地区大会 県勢2校が4強--東海大望洋と専大松戸 /千葉 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000104-mailo-l12

第65回春季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は20日、宇都宮市の宇都宮清原球場と栃木県総合運動公園野球場で準々決勝4試合が行われ、4強が出そろった。

野球のプレーに、「偶然」はない ~テレビ中継・球場での観戦を楽しむ29の視点~

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。