野球のルール

野球のルールによると、選手がナインと言われているように、1チーム9人からなります。試合は2チーム集まるとできます。

野球の試合はどうなるかというと、2チームで攻撃と守備を交互にやって、勝敗を争います。

ベースボール上達のカギは集中力

攻撃と守備は、先攻が攻撃しているのが「表」、後攻が攻撃しているときは「裏」です。

野球のルールの基本はというと、守備の投手が投げるボールを、攻撃側の打者(バッター)がバットで打てば、打者、1塁、2塁、3塁と先にいる選手が、本塁にまで戻ると得点です。

野球でアウトとは、打者や、塁に出た走者(ランナー)がそのプレーを続ける資格がなくなることで、3回アウトになれば、先攻と後攻が入れ替わるルールです。

1回の攻撃と守備はイニングと呼ばれていて、9回(イニング)で試合終了となり、得点の多い方が勝ちとなるのですね。

野球あるあるメンタル練習法 ~心を強くすれば必ず野球がうまくなる!~

阪神のメッセンジャー6勝目=プロ野球・阪神―ロッテ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000189-jij-spo

 阪神が大勝した。一回にマートンの中前打で先制し、三回に新井良の3点二塁打などで4点。七回には敵失などで2点を加え突き放した。七回途中まで投げたメッセンジャーが、1失点でリーグトップの6勝目。ロッテは14残塁の拙攻だった。 

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。