野球と菊池雄星

野球というと甲子園こと阪神甲子園球場。

阪神タイガースの本拠地にして、春の選抜高等学校野球大会、夏の全国高等学校野球選手権大会で、全国的に有名です。

甲子園大会はというと、今では国民的行事となっていますね。

野球が特に好きな人でもなくても、なぜだか見てしまうのが、春と夏の甲子園ですね。

連日、地元のどの高校が勝ち進むか地域ニュースに心を躍らせ、一旦全国大会が始まると、応援歌がきになりテレビやラジオやネット中継、新聞報道にはり付け。

野球上達には縦振りマスター

出場校が母校でなくても、地元が勝ち進むと心おどらせ、優勝候補が敗れたり、逆転劇に手に汗をにぎる、春に熱風をもたらし、暑い夏をさらに熱くする風物詩です。

甲子園大会でのプレーは数々の伝説を生みだし、将来のプロ野球選手の卵の活躍の場となって、注目を浴びるところでもあります。

【西武】雄星「絶対に無理」初打席に弱気 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000029-nksports-base

27日、西武ドームで練習した西武菊池雄星投手(21)が弱気だった。28日に先発するDeNA戦(横浜)で今年初めて打席に立つ。

花巻東の後輩で、打撃のいい日本ハム大谷を引き合いに「バッティングのイメージは大谷?」と問われると、「絶対に無理です」と苦笑いした。

対するDeNA先発は三浦で「コントロールがいいですからね。打てないと思うけど、セカンドゴロでなんとか内野安打にできれば」と打の目標を口にした。

オーナーズリーグ【中古】【オーナーズリーグ】PR◇西)菊池雄星(OLP03003/012)

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。