軟式野球と統一球問題

軟式野球の球はゴムを素材としているので、硬式野球の球と比べてみると大変に柔らかいのが相違点である。

軟式野球をプレイするとき、昔はテニスボールを使って行われていた。

しかしスピードが遅い、すぐに壊れてできなくなってしまう問題点もあり、軟式野球はあまり人気がなくなっていった。

軟式野球の必勝法

後になって軟式野球の救世主となったのが、東神ゴムである。

安全で、なおかつ野球が楽しめるような軟式野球用の球を創りだしたのです。すると軟式野球の人気は再燃した。

軟式野球は、硬式野球と比べて競技者も圧倒的に多い。

ただ軟式野球は、硬式野球の入門という考えが多いのも事実である。

しかしだが近年、軟式野球を野球の入門ではなくて、生涯スポーツとして始める人も増えてきた。現在日本では、軟式野球の全国大会や世界大会も開催されている。

<統一球問題>第三者委で調査 加藤氏、改めて謝罪 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000082-mai-base

 プロ野球の統一球が飛びやすくなるよう調整されながら、公表されていなかった問題で、12球団代表者会議が14日、東京都内で開かれ、第三者委員会を設置し、日本野球機構(NPB)が調整した事実を公表しなかった経緯などを調査することを決めた。第三者委は、7月10日に開かれるプロ野球のオーナー会議で報告を出す予定。【12日の会見では】知らない、辞めない! 加藤コミッショナー“ウソ統一球”謝罪だけ 会議後、記者会見したNPBの加藤良三コミッショナーは「ボールを修正するという行為は不祥事ではないが、選手、関係者の方々に迷惑をかけたことは大失態だった」と改めて謝罪した。また、自身の進退については「就任初日からコミッショナーの職務に恋々とするつもりはない」としながらも、「野球を良くすることを考えていきたい。一日一日役務を全うしていくつもり」と辞任は否定した。

 会議では、NPB側から球団に対して謝罪があり、「(開幕前に)ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)があり、言いそびれた。それが逆に問題を大きくする結果になった」と、下田邦夫事務局長が独断で公表しなかったことなどを説明した。

 球団側は「内部だけでなく、透明性を高めるために」と第三者委員会による調査を要求。第三者委員会は弁護士などで構成される予定で、加藤コミッショナーや事務局職員から聞き取りなどを行う。【百留康隆】

プロ野球タブーの真相 2013年版 (別冊宝島 2002)

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。