草野球と統一球問題とは

草野球は、アマチュア野球の一種でとう位置づけだが、その種類のでも特にレクリエーション的要素が強いものを示して言われることが多い。

草野球では、やっている状況をみれば、大きな連盟特有の組織力・運営力は内に等しい。

しかし、時たまにスポーツ用品のメーカーが主催となる、草野球対象となる全国大会・地区大会などが催されることもある。

でも草野球は勝負はとくにきにしないで自由に伸び伸びとできる、野球界の中をみても、大変魅力的なスポーツと言える。

草野球は会社や学校でチームをつくることが多い例となっている。草野球をとおして、それぞれの人間関係をよくするのも悪くない。

その上、日頃の疲れをとりストレス解消になるということもいい点である。

草野球は、野球に興味がなくても経験がなくても、気楽にやってみればその魅力にとりつかれること必死です。

野球の守備力を向上させる

<統一球問題>「選手もファンも気の毒」松原選手会事務局長 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000079-mai-base

 労組・日本プロ野球選手会の松原徹事務局長が代表者会議中に、日本野球機構(NPB)を訪れた。統一球問題とは別の話し合いのためだったが、取材に応じ「12球団はNPBとともにボールの問題をいち早く解決してもらい、ファンには野球そのものを見てほしい」と語った。「選手から直接不平不満はきていない」としながらも「(ボールの変更を知らずに)人生が変わった選手もいる。選手も気の毒だし、知らずに見ていたファンも気の毒」と感想を述べ、「ファンと選手が球界の一員であることは2004年の球界再編騒動でわかっていたはずなのに」と選手に説明なくボールが変わったことに苦言を呈した。

プロ野球タブーの真相 2013年版 (別冊宝島 2002)

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。