英語授業が変わって偏差値がアップ

福井県の話ですが、2014年度から「話す」「聞く」に重点を置いた授業に改善していくそうです。

これまでは、黒板に先生が英語の文を書いて、その書かれた文の訳とか、そこにある文法を教えていたのが、英語授業のスタイルでした。

しかし、これから後は、リスニングや生徒同士で英語の対話をするなど、実際に、英語を使って何かをすることを主とした授業にしていくということです。

しかも、この授業のモデルケースでは、英語の偏差値があがったとか・・生徒もわかりやすいようですね。

これよりのちは、昔のような英語の授業ではなくて、実践的な、英会話スクールでおこなうような授業になってくのかもしれません。

『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』がAMAZONギフト券付きで購入できるおすすめサイトはこちらから


『7日間でネイティブ脳を作る「超速」英語育成プログラム』

英語上達応援サイト

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。