英語を通じて何をしたかが大切

英語力があるとアピールしたいときは、英語のテストで何点とったかということではなくて、英語をツールとして使った体験を語ったほうが効果的です。

「留学をしました」と言うだけでは、英語ができるとは誰も思ってくれません。

海外で語学を勉強したとしても、現地で交流していたのが日本人の学生ばかりであれば、日本で英語学校に通うのと、さほど変わりません。

英語を使用して、どう行動したのか、英語環境に自分で自分を追い込んで、どんなふうにやって来たのかを言わないと、いくら留学したといっても、何も衝撃ありません。

英語を使って何をしたかという、その行動したことを説明してみてください。

英語が苦手だからといって、就活に不利となることはあまりありません。

注意したいのが、TOEICの点数が600点以上でないと採用しない企業もありますので、英語がそのレベルまでできないと就活で不利になるケースもあるので気をつけたいですね。 英語ビギナーが英会話スクールに行かないでも3ヶ月後に英語上達を実感する勉強法がAMAZONギフト券付きで購入できるおすすめサイトはこちらから


【英語ぺらぺら君中級編(ダウンロード版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。