英語の勉強で繰り返しと暗唱が重要

TOEICは、その中に出てくる頻出単語は、リーディング試験でもリスニング試験でも同じものになるので、繰り返しの勉強というのは、まさに重要なことを何度も覚えていることになります。

また試験問題がパターン化しており、問題集に繰り返し取り組めば設問の特徴がつかめます。

パターンに当てはめて『ここを集中して聞けばいいのか』というコツが頭に入るでしょう」。

この勉強法は、ただTOEICのためにやっているのではなく、実戦的な英語も身についていきます。

週刊ダイヤモンドの特集に載っている、『英語上達完全マップ』著者の森沢洋介がいういは、英語の習得に欠かせない要素のひとつに「声を出して繰り返し練習」を挙げています。

テキストを見ながら、まず録音されている英文を5回聞きます。次に音声をとめて15回同じ英文を声に出して言ってみます。

次にテキストを見ないで5回リピートする、といった具合だ。

「上級編」でも、「暗唱」は重要なのですね。

「テキストの日本語を見て、英語が言えるまで練習」ですね。


英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。