英語のみならず言語障壁が東京五輪においてネックに

東京五輪開催も決って、「おもてなし」の力で訪日外国人をたくさん呼び込もうとしています。

丁寧できめ細かく、正確と評判の日本のサービスですが、実際はどうなのでしょうか?

訪日外国人100人を対象に、日本のサービス業への不満を調査したところがあるそうです。

調査の結果では、未熟となっているコミュニケーション能力に不満の要素があるようです。

「東京の地下鉄は複雑すぎてよくわからないし、駅員さんに聞こうにも英語が全然通じなくて困った……」。

ドイツ人女性(41)は東京・大手町駅で途方に暮れたということ。

語学障壁の高さが不満の第1位だったそうです。

ただ単に英語が喋れないというのではなく

「飲食店にはいっても英語表記のメニューが少ない。せめて写真があったら」(オーストラリア人24歳女性)、「ホテルのテレビ番組で英語チャンネルがなく、子どもたちは不満だらけ」(オーストラリア人男性48歳)。

日本語中心のサービスでは、海外の方にやさしくなくいろいろ不満なことが多いようです。

ギフト券付き【英語ぺらぺら君中級編(ダウンロード版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法


【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。