英語が日本人ではマスターできないのは“他人の目”を気にしすぎているから

欧米のカウンセラーから見ると、日本人の99%は対人恐怖症なのだそうです。「そんなに?」と意外に思うかもしれませんが、欧米においては、自分以外の人に恐怖を感じ、できることなら避けて行きたいと思って、他人を遠ざけてしまうこと”を対人恐怖症と捉えています。

つまり、知らない人と気楽に会話できないというのが、多くの日本人の特徴のようなのです。

振り返ってみれば、小さな頃から、われわれ日本人は他人の目を意識するように教育されています。

自分が人からどう見られているかを強く意識して、行動のルールを“人の目”においています。

このため、「目立つことは避けたい、英語を話すことは目立つので、なるべく避けたい」と思う傾向があるようなのです。

そして、「下手な英語を話すことで、笑われてしまうのが恥ずかしい」という“恥”の精神もあるのかもしれません。

“控え”ることは日本人の美徳とされていますが、このことが英会話上達の妨げになっているようです。


【英語ぺらぺら君中級編(ダウンロード版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。