英語が上達しない理由として日本語で考えてしまう

皆さんは、すべて日本語でしゃべったり考えたりするのが当たり前ですね。

それと同じように、英語を堪能に話す人は英語をしゃべるときは、日常の考えごともすべて英語になります。

これが“英語脳”なのです。

まず日本語で考えて、それを英訳して……とやっていると、会話のスピードにはおいついていけません。

そうなると、具体的にどうやっていったらいいのでしょうか?

スーパーに行ったときに、野菜の値段が上がっていたなんでいうときには、

そんなときは、頭に浮かべるのは「Oh boy, it’s expensive!」、

豆腐を買い忘れた場合には「Whoops, I forgot to buy a Tofu!」といったように、

英語でつぶやく練習を積んでいけば、あなたも英語脳になれます。


【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。