甲子園といえば

甲子園といえば、高校野球全国大会。

学校の春休みと夏休みのシーズンにおこなわれる全国大会は、高校生と野球ファンのお父さんだけではなく、出身地の人や、女性ファンの熱い視線を浴び続けます。

甲子園にある土は、高校野球球児の思い出の品となって、負けたチームがよくお持ち帰りされます。

『ドカベン』や『タッチ』などを主として、甲子園をめざす高校野球球児を描いたマンガもよく見られていました。

野球上達には縦振りマスター

甲子園と呼ばれる阪神甲子園球場は、1924年(大正13年)にできた野球場。

十干と十二支のそれぞれはじめである、甲子(きのえね)の年にできたので、それにちなんで甲子園と名づけられたそうです。

名前にもある通り、阪神タイガースの本拠地。

プロ野球だけど思いきや、ビッグアーティストのコンサートも開かれています。

甲子園は、兵庫県西宮市の地名でもあります。

マンガ甲子園というのも存在します。

これは、全国高校漫画選手権大会のことで、平成4年に始まったもので、毎年4月に予選が始まり、8月に決勝戦があります。

そのほか、パソコン甲子園や、写真甲子園などというのもあります。

炭谷、左目痛め交代=プロ野球・西武 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000231-jij-spo

西武の炭谷銀仁朗捕手は、29日のDeNA2回戦(横浜)の八回に本塁で走者と交錯した際に左目を痛め、途中交代した。横浜市内の病院で検査した結果、眼球に異常はなく左目周辺の打撲と診断された。

【送料無料】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら [ 岩崎

岩崎夏海 ダイヤモンド社

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。