日本のプロ野球

日本のプロ野球では、セントラル・リーグ(セ・リーグ)、パシフィック・リーグ(パ・リーグ)の2つに分かれていて、

そして、セミプロの四国アイランドリーグ、東北ベースボールアカデミーリーグもあります。

プロ野球の球団はというと、人気のセ・リーグでは、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、横浜ベイスターズとなる6球団。

プロ野球の球団は、実力のパ・リーグといわれている中では、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスの全部で6球団。

2004年には、政界・経済界・労働界まで巻き込んだプロ野球再編問題で頽廃し、日本プロ野球史上初のストライキがあったことは、記憶に新しいですね。

野球の守備力を向上させる

野球ファンの立場としては、従来の球団の一層の活躍や、誕生したばかりの東北楽天ゴールデンイーグルスの発展など、球場でのいいプレーに目を向けたいところです。

【日本ハム】栗山監督、暴言で初退場「審判辞めろ」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000018-sph-base

◆交流戦 阪神2x―1日本ハム(25日・甲子園) 日本ハムが栗山監督の退場をきっかけに、阪神に逆転で今季初のサヨナラ負けを喫した。1点リードの9回、指揮官が死球の判定を巡って暴言を吐き、選手時代を含めて初の退場。これで流れが変わり、武田久の暴投で同点となり、マートンにサヨナラ打を浴びた。チームの連勝は3でストップ。大谷は野手として26日に阪神・藤浪とプロ初対決に臨む。【DeNA】キヨシは2度の退場処分 甲子園の魔物にとりつかれた。栗山監督の初の退場劇が、皮肉にも今季初のサヨナラ負けにつながった。

1点リードの9回。守護神・武田久の先頭・浅井の左手首付近への投球が死球と判断され、指揮官がベンチを飛び出した。白井球審に詰め寄り、「あの場面で痛がらない死球なんてあり得ない。俺を納得させてくれ。そうじゃなかったら、俺を退場にしろ」とまくし立てた。約3分間の猛抗議の末、極めつきには「あれが死球に見えるなら、審判を辞めろ!」と暴言を浴びせ、就任2年目で選手時代を通じても初の退場となった。

これでムードは一変した。1死一、三塁から武田久の暴投で同点に。2死満塁でマートンにサヨナラ打を喫した。今季初黒星の守護神は「展開的にいろんなことがあるので…。粘れなかった」と肩を落とした。

監督に就任するまでの3年間、テレ朝系「熱闘甲子園」のナビゲーターを務めた指揮官は「野球の本質に触れてきた。高校生と接した時間は、宝物。恥ずかしい試合はできない」と聖地への思い入れはたっぷり。「甲子園は大きな魔力を持っている。悪魔と天使がいるけど、天使に出会えたらいい」とも語っていたが、待っていたのは、悪魔だった。

指揮官は「こんなにファンがたくさん見ているのに、プロ野球に失礼」と試合後も怒りは収まらず。だが、連勝は3で止まり、「結果的にチームが負けたから。俺の行動が迷惑をかけたので、選手には申し訳ない」。敗戦のショックを隠そうと笑顔も見せたが、その表情はひきつっていた。

日本製 のっけて授乳クッション ギンガムイエロー

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。