大学入試の英語試験科目がこんなに変わる

高校までの英語教育を巡っては、いままでの文法・和訳中心の指導法から「使える英語」に改めようとして、コミュニケーション力も重視した授業へシフトしている。

だけれども、高校側からは、「今の大学入試は、英語の「読む」「書く」「聞く」「話す」の力を見るような試験内容ではない」と入試改革を求める意見が多く上がっている。

「GTEC」を開発したベネッセの担当者は「大学がこれから新たに「読む」「書く」「聞く」「話す」4技能を測れる入試問題を作るのは大きな負担となっていくので、今後私たちの試験を利用する大学は増えるだろう」ということです。

ギフト券付き英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


【英語ぺらぺら君中級編(海外配送版)】

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。