ドラフト その1

ドラフトはというと1936年に、アメリカンフットボールのプロリーグ(NFL)で初めて導入された制度である。ドラフトが日本でやられたのは1965年、プロ野球でである。日本のプロ野球界のドラフトにおいては、最下位のチームから順番に獲得したい新人選手を指名し、契約交渉を行なっていく「ウェーバー方式」というものが取られている。ドラフトで指名されたと言っても、新人選手にあっては、自分のいきたい球団でなければ拒否できる。野球選手・江川卓がよくしられている。1973年のドラフトにおいて、江川卓は阪急ブレーブスから1位指名をされたのだが、入団を拒否した。読売巨人に入りたいという強い望みを持っていたからである。その後1978年、ドラフト前日にかまわずに江川と読売巨人は電撃的な契約を交わしたが、認められなかった。0

野球の守備力を向上させる

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。