野球のルール その2

野球のルールが、現在のような感じにつくられたのは、

アメリカで1845年に始まったと伝えられています。野球のルールは、当時消防士であったアレキサンダー・カートライトが、消防士の運動不足をなんとかするため、タウンボールでやっていたルールを、アウト3つとなると攻守交代とするなど、細部まで改良してプレーしたことに由来するようです。

カートライトは、ニッカボッカーズというチームをつくるほどベースボールを普及させたようです。

野球の守備力を向上させる

1857年、最初の野球ルールブックをつくったのは、ヘンリー・チャドウィック。

チャドウィックは、初のスポーツライターとしても有名でし、カートライトといっしょに野球の父といわれています。

野球のルールは、その後、何度も改良を重ねて、今のようなルールになったそうです。

なお、愛媛県松山市の郷土芸能である、野球拳のルールというのは、三味線と太鼓の曲に合わせて歌い踊り、じゃんけんをして勝敗を決めるのですが、服は脱ぎません。

1チーム3人ずつ出場し、松山城で松山春まつり本家野球拳全国大会が開催されています。

プロ野球・「二刀流」への歩み、着々と http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00000041-jijp-spo.view-000

日本ハムの大谷が23日のヤクルト戦で1軍投手デビューを果たした。最速157キロで5回2失点。「二刀流」の成功を期待させ、栗山監督も「よく頑張ってくれた」と感無量だった。

二刀流といえば、宮本武蔵?

剣豪・宮本武蔵の名画を複製。お求めやすい価格でお手元に。掛け軸 『枯木鳴鵙図』 宮本武蔵

二刀流の宮本武蔵が描いた禅画の複製掛け軸です。武蔵作の原画を元に、掛け軸の一般的なサイズに合わせて複製。表具にもこだわって趣き深く仕上げました。枯木は剣を、鵙(もず)は武蔵自身を思わせる、心地よい…

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。