たけしの家庭の医学でボケ防止に英語の学習がいい

きょうやっていた、たけしの家庭の医学(タイトルはちょっと違うと思いますが)で、本日のたけしの家庭の医学(正式なタイトルはちょっと違うかもしれませんが)で、番組のテーマのひとつとしてボケ防止につながる脳の活性化ということです。

テーマのひとつは脳の活性化ということでした。

番組では、記憶力でも特に引き出す記憶力ということを調べていましたが、特に記憶力ということだったのですが、記憶を引き出す力が歳を取るとともに弱ってくるそうです。

記憶を引き出す力が歳を取るとともに弱ってくるということです。

だけれども、普段英語などの外国語を使っている人は記憶を引き出す力が東大生と同じくらいよかったということでした。

記憶を引き出す力が東大生と同じくらいよかったということでした。

英語を使っていると英語を使えば脳が若返り、記憶力の低下が防止され、ボケ防止にもつながってくる・・・

脳の活性化になり、ボケ防止にはもってこい

英語の勉強は英語の勉強はボケ防止にもなるのですね。

脳の活性化とともにボケ防止になっているのですね。


スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。