「日本版TOEFL「TEAP」および「GTEC」の内容は?

英検をやっている組織でつくられた「TEAP」は、その英検のノウハウを活かして、「読む」「書く」はペーパー試験で、「聞く」はリスニングテストで実施。

「話す」試験は、面接官とのやりとりをして評価するということです。

最初の試験は7月に実施するといいます。

「GTEC」はCBT(computer based testing・コンピューター・ベースト・テスティング)となり、「読む」「書く」「聞く」試験はパソコンで試験をおこないます。

「話す」能力は、ヘッドセットをつけてパソコン画面に出てくる問題文を読んだり音声を聞いたりして、マイクを使って返答する。

1回目の試験は8月に実施を予定されています。

どちらも入試までに受験しておいて、そのスコアを大学に提出します。

TEAPは上智大が2015年度の一般入試から、国際教養学部を除く全学部でスコアを導入する予定です。

「GTEC」においては、筑波大など複数大学が導入しようとしています。

【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスターがAMAZONギフト券付きで購入できるおすすめサイトはこちらから


【7+English】~60日完全記憶英会話~ 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。